読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクトラブルシューティングの評判~!

オールカラーで!ポイントとなる部分は色々な角度から数枚に渡って写真を掲載し!拡大写真や肝心な部分を矢印で示すなど!飯倉氏のこの本に対する熱意が感じられます。絵もふんだんに使ってあり分かり易いです。ロードレーサー歴は長いのですが!メンテナンスは我流なので購入しました。

こちらになります!

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

ロードバイクトラブルシューティングロードバイクトラブルシューティング [ 飯倉清 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

これまでのメンテナンス本にはなかった丁寧さでしょうか。ロードバイクをはじめて!数ヶ月ですが自転車に関しての知識が0に近い程しかありません。自分の付き合っている自転車店とも仲良くしつつ!自転車に対する造形を深めるのが肝要かと思っています。何が悪いかわからなくても、ちょっとしたヒント(異音の位置や音の種類)だけで答えにピンポイントたどり着けるのがいいとこです。カラー写真で見やすいのが!まず第一印象です。(何でも回転性能改善とか好きなんですよねぇ)判りやすく評判通りでいいです。ローディーのための究極のメンテ本。 今まで、色々なメンテ本を買いました この本は群を抜いてわかりやすいです。メンテナンス時に!あれ!どうすりゃ良かったっけ?と思ったときに読んでます。普段のメンテに!専用工具が要らない範囲は自分でやりたくて購入。ロードのコンポーネント等のパーツの説明書で、解り辛い、あるいは常識として書いていない部分があったりしますが、この本はそんな所を解決してくれる本だと思います。これまで知らなかった調整方法がいくつかあり!それだけでも購入したかいがありました。暇な時間に見ていると結構勉強になりますよ。がしかし油まみれになりそうだなぁ。レビューのおすすめが多いの買い増したが、写真が多くてよかったです。例としては、ディレイラーワイヤーの正しい取り付け方や、メーカー別のセッティング方法(SHIMANOやカンパ)などが乗ってます。コンパクト本は油汚れで、座学にはもう使えません(泣私は2冊お持ちになることをお勧めします。 何より、わかりやすい。 サイクルメンテナンスで培われたノウハウが存分につぎ込まれています。写真が多いのが良いところです。大判タイプの解説本を使っていたのですが!肝心な部分については記載が無く!よく作業が頓挫する事が多かったのですが!この本はその肝心な部分がクローズアップされており!画像での確認が容易にできるところがいい。ロードバイクのメンテナンス本!分かりやすい本で活用しているようです。ただ、メンテナンス等はあまり書いていないので、初ロードで普段のメンテナンスが知りたいとかの用途では微妙だと思います。中を見ると写真でわかりやすく書いてあります。とはいえ、やはりメンテナンスは人から実際教えてもらうことも疎かにしてはならないと思います。トラブルシューティングはホントにWindowsのヘルプのよう。。メンテナンスについて余り知識がなかったため購入。なかなかお勧めの本です。 間違えやすいポイントなどは全て図解されていて、しかも全ページカラー。普段のメンテナンスやトラブルがあったときに活躍します。自分は、フロントディレイラーのワイヤの張り方が間違ってました・・・正しい張り方をしたら、シフターが軽くなり、シフトがやりやすくなりました。とても参考になる一冊です。最高。内容も丁寧に書かれていて分かりやすいです。こっちは座学用でしょうか。ロードバイク乗りなら絶対一購入して損は無しです!ロードバイクに乗っています。自転車のメンテナンス本は、これまで3冊ほど購入し参考にしてきたのですが、それらにはない色々な技が、写真で事細かに書かれています。作業しながら本を開くのは案外めんどくさいです。説明が丁寧に記載されていると思います。別に持っているコンパクト本は持ち歩き。写真入りで間違いやすい所も詳しく解説しているので!自己流でメンテをしていた人や別のメンテ本で理解できなかった人に2冊目のメンテ本としてもオススメです。